Top

2歳の娘ぴよこさんと、ちいさな映像屋が、1日120分好きなことして遊んでいます。
by niwashi-suzume
"WD-Lazycat1" Skin by
Animal Skin
<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
【VIDEO COPILOT】14. Simple Bleach Bypass
14. Simple Bleach Bypass

お師匠様のおかげで、久しぶりにアンドリューを見れる時間に帰宅。
教えてもらって何もできないままでは申し訳ないので
せめて、ちょこっとお勉強してから寝ようっと。

あ、今日は簡単そうだ!やった!

【概要】
映画とかでよく見る、通称「銀残し」といわれる表現技法の雰囲気を
AEで簡単に真似てみよう

(彩度が落ちて、黒がしまってる↓こんな色味の表現のことね)
b0224269_23334923.jpg


[00:17]動画に「エフェクト」→「色調補正」→「レベル」をかける。
黒を→に、白を←に動かして、コントラストをあげる。

~もしくは~
「輝度・コントラスト」で輝度を高く、コントラストもあげる。

[02:23]「Channel」→「CC Composite」をかける。
CompositeOriginalを「Color」に設定。
あとはopacityで重ねている元動画の透明度を調整したり、輝度などを調整すればできあがり。

なんて簡単!ワンダフル!

銀残し風のエフェクトは静止画にかけてもかっこいいので、この辺もごらんあれ。
Photoshop で「銀残し」(ブリーチ・バイパス)を再現する方法
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-30 23:36 | VIDEO COPILOT
こまったさんととかげさん。
b0224269_1403847.jpg
こまったときの野良猫フォルダもそろそろ尽きてきた。
こんばんは。こまった庭師すずめです。

あのね。
すずめさんの好きないきものベスト5に「とかげ」が入るのですが
…ああ、逃げないで。逃げないで。
あ、でも苦手な人は逃げてもいいよ。仕方がない。

なぜすきかと聞かれても困るんだけどね
あの黒目がちなまんまるなおめめって
かわいさ以外の何物でもないと思うんだ。

で、そんなとかげさんのかわいいエピソード見つけました。

こちら

合成写真じゃないんですって。
お庭でみかけた自然の光景なんだって。
なんとまあ、愛らしい!

猫もいいけど、トカゲもね。
一緒に飼ったら…うん、ダメだ。こまった。

~きょうの120分~
・AEが出来なすぎて、途方に暮れる   100分
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-30 01:49 | つれづれ
アルジャーノンに冷水を。
b0224269_101780.jpg
やはり、夏はだめなのだ。

気温が夏に突入してからというもの
うっかりっぷりがひどすぎる庭師すずめです。
みなさまこんばんは。

今日、ランドセルを忘れました。

例えるならばランドセルを忘れて学校に行くような
超初歩的ミスを連発しているのです。

うん。わかってる。夏のせいじゃない。
暑いのはみんな同じだものね。

でも、10こ作るものを2こしか作ってなかったり
外出先と会社を行き間違えたり…
あれ?夏って毎年こんなにひどかったっけ?



できれば、渡り鳥になりたい。
暑い季節が来る前に、遠い異国に流れてしまいたい。

でももういい大人だし、どこまでも飛べるほど体力もないので
…うーんと…えーっと…
そうだ。日傘を買おう!(大人っぽい!)

熱にやられて
ぶんしょうがアルジャーノンになるまえに
ぼくわひがさおかわなくちゃ

皆様お体お大事に。
今日は無理せず、早めに休みます。
涼しくなったら、またお会いしましょう。
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-29 01:48 | つれづれ
わからないこと。
b0224269_132504.jpg
こんばんは。
世の中にわからないことが多すぎる庭師すずめです。

湿度ってさ、100%になるとどうなるの?
水中?

占いのさ、ラッキーアイテムってどうやって設定してるの?
どの月と星に、あんかけチャーハンって書いてあるの??


そんな疑問はさておき、お師匠様に特訓教材を与えてもらいました。
…あのね、たぶん初歩の初歩。
わかってるんだ、そんなことは。
でもわからないんだ。わからないよ~!だんだんだん!(地団駄)

例えるなら、足し算の概念を本で読んでいたら
じゃ、これやってみるといいよって
ひっさんの例題をもらった感じ?



ひとつひとつの動作は、落ち着いたらきっとわかる。

1+5は…6?で、それに7足すの?…えっと…13だから1くりあがって…

でもね、

   1
   5
+ 17
_____


ってかかれちゃうとダメだね。
えっと6…と7…を足して…あ、指が足りない。数え切れないよー!!ってパニックになる。

毎日夜遅いのに、終電近くまでつきあってくれてありがとございました。
お師匠様。

お礼に…お礼に……何もお返しできることが思いつかない!
せめて猫を写真にとります。
愛でてください。

ところで…梅雨ってなんで梅の雨なんだろ?
梅って冬の花だよね…?

…ああ、きょうもなかなか寝付けなそうだ。
みなさん、週末はよく寝てね!

~きょうの120分~
・お風呂でまったり40分

~きょうの英単語~
・Fabulous…ステキ!
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-24 01:50 | つれづれ
【VIDEO COPILOT】13. Assisted Suicide
13. Assisted Suicide

*グロいです。苦手な人はご注意を!

【概要】頭を銃でバーン!頭が吹っ飛ぶ動画をつくろう!(ぎゃー!)

【手順】
[00:58]ワークスペースを「モーショントラッキング」に変更。
トラッカーの「トラック」をクリック。
「回転」にチェックを入れ、輝度差がはっきりしている箇所二点をトラックポイントに設定。分析開始。

[02:10]新規ヌルオブジェクトを作成。
トラッカーの「ターゲットを設定」で、ヌルを選択。適用。ワークスペースを標準に戻す。

[02:57]元動画を複製。
男が画面からアウトした時点で、
元動画の一つ(以降「元動画A」と呼ぶ)を右クリック→「時間」→「フレームを固定」で停止させる。
不透明度を50に設定し、男が頭を打った瞬間で『Alt + 「』
元動画Aの親をヌル1に設定。不透明度を100に戻す。

[04:22]新規平面を作成(Ctrl+Y)。男が頭を撃ったフレームでこちらも『Alt + 「』。
不透明度を50に設定。ペンツールで男の人の頭の部分を囲ってマスクを作る。
アンカーポイントツールで、中心点を彼の首のところに動かす。
位置、回転にキーフレームを打ち、頭の位置に合わせマスクを調整。
(数フレごとに位置を調整すれば大丈夫かな)

ソース名の▼で「マスク」を表示し、「マスクの拡張」で2pxくらい拡張、
「マスクの境界のぼかし」でエッジを適当にぼかしておこう。
マスクの不透明度を100に戻し、ソース名を「HeadMatte」にでも変更。

[05:58]元動画Aのひとつ上に「HeadMatte」を移動。元動画Aのトラックマットで「アルファマット」を選択。
これで、一つ上のレイヤの白い部分を切り抜いてくれる。
マスクを微調すれば、ね?頭が消えるよね。

[06:50]
~ここから先はアンドリューが別売している血が飛び散る動画と、マズルフラッシュなどを合成してます。~
作業内容としては
<血が飛び散る動画>
・動画素材を「色相/彩度」と「レベル」で色調。
<マズルフラッシュ>
・撃った瞬間に、「トランジション」→「リニアワイプ」で光が左から出現するように設定。描画モードを「加算」に。
<硝煙>
・レベル調整後、ヌルを親レイヤーに設定。トラッキングを反映。
<霧>
・ヌルを親に設定。上部に適当なマスクをかけ、画面下部だけ霧がかかるように設定。

たった1瞬の1カットに、こんなに効果を加えるんだねぇ…
と待ち時間にニヤニヤ眺めていたら、頭をふっとばしてる映像ごとボスに目撃されました。

ボス「な…なにみてるの?」
すずめ『頭をふっとばすチュートリアルですが…なにか?』

爆笑されました。
よい職場だ。
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-24 01:22 | VIDEO COPILOT
暑さに負けて「ぼくのエリ」
b0224269_2337174.jpg
こんばんは。
熱しやすく冷めやすい、金属的な庭師すずめです。

だめだ。
なつは、だめだ。

冷房設定18度という冷室育ちのためか、暑さにはめっぽう弱いすずめさん。
節電以前に冷房が壊れている会社で、はやくも脳が溶け出しそうになりました。

この調子でいくと、先にマシンが壊れるか、すずめが壊れるか。
1対1のいい勝負になりそうです。

どこかに密室を涼しくする方法とか落ちてないかな…。

というわけで。
気分だけでも涼しくしようかと、早々と帰宅して映画鑑賞。
会社の同じ編集室でオーバーヒートしているMさんにすすめてもらった映画を見ました。

「ぼくのエリ 200歳の少女」
ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]

ジャンルは多分ホラーなので
怖いのとグロがダメな人は、いますぐまわれ右してね。

結構ハードにグロいです。
でも、怖がらせるホラー映画じゃなくて
描写がリアルなゆえに、ホラーに分類せざるをえない感じかも。

深々と雪が降る町で
いじめられっ子と、吸血鬼の子が
生きようとするお話なんだけど…みんな残酷。
でも生きるってこういうことだ。

登場人物を美化することなく、その想いを純粋に描いたいい映画でした。
音楽も静かで、詩的な雰囲気。好きです。

暑い夜に雪景色の映画もよいものです。
明日になったら、うっかり夏が終わってないかな…。

~きょうの120分~
・ひさびさにのんびりAE  60分
・ぼくのエリ 110分くらい?(調べたら本当に110分でびっくり!)
・朝までぐったり  6時間くらい
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-22 23:52 | つれづれ
【VIDEO COPILOT】12.Elegant Slideshows
12.Elegant Slideshows

今回は普通のチュートリアルだー!ああ、とっても気が楽。
またしてもきれいなおねえさんの写真が題材。やったね!

【概要】
映像屋をやってると誰もが一度は頼まれる、結婚式とかのスライドショー。
サイズも形式もバラバラな写真が大量に送られてきて…ものすごい手間がかかるんだよね。実は。
それを、簡単にやっちゃいましょう!

(12:07から、流れを2分でおさらいしてくれているので、AEがある程度使える人はそこだけ見ればOK!)

【手順】
[01:25]まずはPhotoshopで写真を同一サイズに揃えよう。
使う写真をひとつのフォルダにまとめ、はじめの1枚を開く。
「ウィンドウ」→「アクション」パネルを開き、新規アクションを作成。
「Resize to 800x 600」とでも名づけておく。「アクション」はいわゆる行動の録画機能で、
ここから先の一連の作業が記録されるよ。

[02:08]「ファイル」→「自動処理」→「画像のフィット」で800x600くらいに設定する。
(動画の仕上がりサイズより大きめに!)できたら「アクション」の記録を停止する。
そしてこの最初の一枚は保存せずに一度閉じてしまおう。

[03:01]「ファイル」→「自動処理」→「バッチ」を選択。
アクション欄を先ほど作った「Resize to 800x600」に設定。
ソースが「フォルダ」になっていることを確認して、スライドショー用の写真があるフォルダを選択。
このままでは元ファイルに上書きしてしまうので、「実行後」欄を「フォルダ」に設定。
サイズ変更した写真を入れておきたいフォルダを選択する。そしたら「OK」をクリック。
自動でサイズ変更がはじまるよ。

[04:19]サイズ変更後の写真フォルダをAEにドラッグドロップ。
このまま全部を選択して、新規コンポを作成ボタンにドラッグ。
「静止ディレーション」を04:00、「デュレーション」を20くらいに設定すれば、とりあえずのスライドショーは簡単にできちゃうけど、こんなのAE使う意味ないよね。コンポごと消しちゃえ。

[05:38] ~今日はここからが本題~
新規コンポを動画の仕上がりサイズで作成。デュレーションは4秒に設定。
作成できたら、写真をすべてこのコンポにドラッグ。

[06:40]最初の一枚のソロボタンを押す。コンポの頭と最後でスケールのキーフレームを打つ。
最初のキーフレームで、写真を選択し、右クリック「トランスフォーム」→「コンポジションの高さにあわせる」を選択。終わりのキーフレームは90%くらいにとりあえず設定。

あとはこのスケールを全レイヤーにコピーしてもスライドショーは完成するけど、これはAEのチュートリアルだからね。次のレベルに挑戦しよう。

[07:41]1枚目の写真に「エフェクト」→「ブラー」→「ブラー(滑らか)」をかける。
ブラー:25に設定。
数秒後にこれを0にしてもいいけど、今回は「エフェクト」→「channel」→「CC Composite」を設定。Opacity(透明度)が100%だと元画像が表示されているが、これを0に近づけると、普通にブラーをかけるより綺麗なブラーにみえる。
ソースをむやみに複製せず、エフェクトの影響を調整できるから便利だね。
できたら全部のレイヤーにここまでのエフェクトをコピペしよう。

[10:37]全レイヤーにきれいなブラーがかかったら、
再び全レイヤーを選択後「アニメーション」→「キーフレーム補助」→「シーケンスレイヤー」を選択。
デュレーションを20frに設定してOK。
これで、スライドショーができたね。
最後に「コンポジション」→「コンポジション設定」でデュレーションを全部の写真がおさまる時間に再設定。(ちょっと長めに設定して、最後の写真の最後のフレームで「n」を押し、ワークエリアの上で右クリック。「コンポジションをワークエリアにトリム」を選ぶと簡単。)

[11:30]最初の一枚にフェードイン、最後の一枚にフェードアウトもしておこうか。


CC Compositeってそういう意味だったんだー。
はじめてつかったよ。
覚えられるように赤字にしておこう!
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-22 23:27 | VIDEO COPILOT
リングなおじいちゃんと野川公園。
こんばんは。庭師すずめです。
日曜日は天気も悪かったんだけど、ぷらぷら野川公園まで行ってみました。

そこで出会ったのが、リングなマクロおじいちゃん!
うん。意味が全然わからないね。
正しくは「中間リングを使いこなす、マクロ写真家のおじいちゃん」!

すずめがいつものとおりカメラを難しい顔でにらんでいたらね、
Sonyのαと三脚を担いだ、山の神様みたいなおじいちゃんが声かけてくれたんですよ。

『いい絵が、取れましたかな?』
↑声のイメージはおひょいさん(藤村俊二さん)で。

ああもう、土曜日のおばあちゃんといい、こんどのおじいちゃんといい
すずめが弱いツボを全力で押してきたね!
これこそ萌えというやつですよ!多分。

すずめ「あ、いえ。ここはいいところですね~」
山神様『あじさいはね、光に透かすと綺麗ですぞ。あとは、中間リングもおすすめします』

ちゅうかんりんぐ・・・?

山神様『ほら、こういうタダの筒です』

おおー?カメラとレンズの間に挟む、なんかアイアンマンの胸のとこみたいな筒だ!
どうやら、こいつでレンズとの距離をかせいで背景をぼかす…らしいけど難しいことは苦手なので
こちらとかごらんください!

山神様『これを使うと、こういうものが撮れます』

そしてニコニコと差し出してくれたαの液晶に映っていたあじさいは…うわー!きれい!!

山神様『木漏れ日をね、こう使うのもいいもんですな』

そのときの一枚をまねっこしてみたのがこちら
b0224269_23415890.jpg


うーん、すずめのおもちゃカメラとひよっこ技術じゃ、この辺が限界ですよ…山神様ー!
…とうなりつつ、振り返ったら、あれ!もういない??
と思ったら、茂みからでてきた!

山神様『ほっほっほ。これはかわいい幼虫ですぞ』

幼虫ー!!
あ、あのすずめ、虫系はちょっと…。

そんなこんなで山神様と出会った不思議な旅を歌にしました。
きいてください。
…じゃなかった、Flickrにアップしました。
よければどうぞ。

Flickr『野川公園冒険譚』

人間、年をとるとキャラも濃くなるのかな。
楽しい思い出ありがとう!山神様!

~きょうの120分~
・写真まとめ 60分
・蚊と格闘 30分(見失った…)
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-20 23:48 | 旅行
不審車と77歳のめがみさま。
b0224269_0485564.jpg
こんばんは。
基本的に休みの日はPCから離れている庭師すずめです。

だってね、普段は12時間以上PCと1対1なんだもの。
休みの日ぐらい普通の生活っていうものを送ってみたいじゃない。
オフラインになっていたいじゃない。

…にもかかわらず、めずらしくPCに向かっているのは
昨日と今日、ちょっとふしぎなことがあったから。

まず昨日はね、仕事が終わって0時ごろ
ぷらぷら最寄り駅から家まで歩いていたのですよ。
そしたらね、なんか真横をおっきな車(アルフォード??)がついてくるの。
とろ~~~と。同じ速度で。

で、一体何事だ?道にでもまよったのか??
と思って運転席をみたら

知らないおじさんが、こっちみてニタ~~っと笑ってたの。

こわ!

思わず見なかったことにして、近くのコンビニに入ってしばらく立ち読みしてたのですが…
今度またそこから帰る途中。

こんどは知らない黒い車が近づいてきて
「あの~」
気弱そうな細めのおにいさんが声かけてきたのです。
今度こそ迷子か?と思ってすずめが立ち止まると…
「今っておいそがしいですか?」

え?
え。ええ????

これ、なんて答えるのが正解?
深夜0時にコンビニの袋ぶら下げてぷらぷらしてるだけだから、忙しくはないよ?
でも忙しくないって答えたら、すずめさんどこに拉致されるの?
持って帰ったって、予告編しか作れないよ?何の役にもたたないよ?

まあ、「もう眠いので」って断ってすぐ家帰ったけどね!

なんだろう。今東京で不審車はやってるのかなぁ。
他人はこわいなぁ。

と、思った翌日。
つまり今日。

また新たな他人さんに声かけられました。

近所で迷子になりつつ、冒頭の鳥の写真を撮ってたらね
「鳥、とれましたか?」
b0224269_15433.jpg
今度はなんと見知らぬ上品なおばあちゃん!
←こんな感じの。
いや、絵が下手なのはいいよ。おいといてよ!
イメージだけつかんでください。

全長約5尺のすずめより、さらに頭一個ちいさいおばあちゃん。
なんてかわいい他人さんなんだ!
赤いボレロ着ててね、それがまたちっちゃくてキュートでね。

「私が通ったから、鳥さん飛んでいっちゃったわね。ごめんなさいね」
いかにもお嬢様育ちのおっとりとしたしゃべり方に、もう骨抜き。

しばらくその見知らぬ女神様とお話して
癒されて
駅まで送ってもらっちゃいました。

ああ、通りすがりの他人さんっていいなぁ。。

そして別れ際の一言。
「どうぞ、よい一日を(にっこり)」

…悩殺!

明日もまた、いい方の他人さんに会えるといいなぁ。

~きょうの120分~
・見知らぬAE修行 30分
・見知らぬ英単語修行 30分
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-19 01:14 | つれづれ
【VIDEO COPILOT】11. Introduction to HDR & 32bpc
11. Introduction to HDR & 32bpc

あれ?今回11…?10は??
と思ったあなた、するどい!ぜひお友達になろう!

10. Basic Color Keying(グリーンバックの抜き方講座)では
今後いろいろひどいことをされるサムが初(?)登場!してるのですが…
もはやこっちの方が詳しいので省略しまーす。
サムのファンの方は見ておくといいかもしれませn。

さてさて、前回に引き続き今回もちょっと専門的なお話。
しっかり解説できる自信がないので、
HDRってなんぞや?って方は
またしてもこちらでお勉強してみてください。すずめも2割くらいしかわかった気がしません。

【概要】白より明るい白?32bpcを使ってみよう!

【手順】
[00:48]新規レイヤーに「エフェクト」→「描画」→「カラーカーブ」で黒→白へのグラデを作って情報パネルをみてみよう。
8bpcの現在はRGBの値が、0(黒)から255(白)まであるよね。
このまま32bpc環境に変更する(Altを押しながらプロジェクトウィンドウ下部の8bpcという文字をクリック)と、グラデの値が0(黒)から1.0000(白)になっている。
1よりも小さい小数点レベルで色を表現しているんだ。
しかも白には1以上の数値も設定可能。つまり8bpc環境の白よりも明るい光を作ることが出来る。

[02:40]現状だとグラデの下部が露出オーバーしていて見えないけれど、露出調整を使えばきちんとグラデが表現されているのがわかる。露出調整は見た目が変わるだけなので、アイコンをクリックすればすぐにリセットされるよ。

[03:39]実際にhdr画像を読み込んでみよう。現状空の白が飛んでしまっているように見えるけれど、「色調補正」→「トーンカーブ」で調整すれば、色情報が保持されていることがわかる。

[04:46]32bpcの場合、対応していないエフェクトもあるので「エフェクト&プリセットパネル」で「32bpc対応のエフェクトのみを表示」にチェックを入れて探すといい。「ブラー(ガウス)」などをかけると白いハイライトの縁に、白よりも明るいカラーが見えているのがわかる。

[06:18]他にも32bpcはモーションブラーにも効果的だ。AEではCameraのRAWファイルを扱うこともできる。レベル補正した動画のポジションを動かしてみよう。光っている部分がかっこよく見えるよ。「コンポジション設定」→「高度」→「シャッター角度」も増やすとハデになる。

[10:11]ここからはPhotoshopにおけるHDR画像の作り方の話。この辺はあっちこっちのサイトで解説されてるので割愛。

ってな感じかしら…?むずかしいよう。
全然今回の本題と関係ないんだけど、コンポに置いた動画素材って、Ctrl+Alt+Fでコンポサイズに合わせられるんだね。それが一番の驚き。っていうか唯一わかったこと。


そうそう。
関係ないついでに、昨日お仕事中にね、テロップ用のtga画像作ってたの。
文字部分が白で、それ以外が透明な感じの。

で、それをいざAEに読み込んでみたら、なんか文字のまわりに1pxぐらいの黒フチがついてたんですよ。
あれ?あれれ??

こんなときは…たすけて!gottyさーん!!

と泣きついたら、アンドリュー並にさらっと
①素材を読み込んで右クリック
②フッテージを変換→メインの「アルファ」項目で「合成チャンネル-カラー-マット-」を選択すればよいですよー

と教えてくれました。

おお!
かーみーさーま~~~!!(トイストーリー3の名言。見てない人は今すぐ見よう!)

っていうか多分基礎の基礎、ですね。

この先ついていけるかなぁ…。(英語的にも、AE的にも)
[PR]
Top▲ | by niwashi-suzume | 2011-06-19 00:46 | VIDEO COPILOT
| ページトップ |